消防の指令台メーカと共に消防指令システムに関する各種ソフトウェアを開発

活用事例

指令台 (高機能指令センター)

指令台 (高機能指令センター)

119番通報からすばやく現場に駆けつけ、人命の救助や財産の保全につとめる消防署の活動を支援するシステムです。通報場所をいち早く特定するための位置情報受信機能や、現場付近の情報を地図上に表示するGIS機能を持ち、災害発生場所の特定を支援します。災害の規模に応じて車両を編成、各車の出動ルートを決定するなど、システムによる自動化で指令員の操作を助けます。出動後の各車の位置は随時追跡され(※GPS搭載車のみ)、配備計画や行動計画の作成に役立ちます。

AVMシステム (Automatic Vehicle Monitoring System)

AVMシステム (Automatic Vehicle Monitoring System)

AVMシステムは、無線による指令センターとの情報のやり取りを行うために各車に取り付けられ、各車の走行位置や行動状態を指令センターに送ることで、同時に発生する災害にも柔軟な隊編成が可能です。高速通信モジュールを搭載するタイプでは、文字通信や手書き通信も行え、秘匿の情報をやり取りする時に役立ちます。

トップへ戻る