事例紹介

中部大学 国際GISセンター危機管理OpC

【CLIENT】中部大学国際GISセンター様
中部大学に設置されている国際GISセンターを、災害発生時に様々な情報を収集・発信して災害対応を行うための
「危機管理オペレーションセンター」として利用することを目的とした共同研究に取り組んでいます。

uni_2_img_1
uni_2_img_2
uni_2_img_3
uni_2_img_4
uni_2_img_5

特徴 / 活用事例

uni_2_img_6
uni_2_img_7
uni_2_img_8
uni_2_img_9

現状はそれぞれ異なるホームページなどで公開されている、降水量や河川水位、降水短時間予報などの気象情報、電気やガスなどのライフラインの状況などを、すべて異なるウェブサイト上で公開されている情報をIntelli.MapperTMに集約して一元化し、時間経過に応じた、被災状況や災害危険度の高まりをワンストップで把握・監視できるシステムの開発を進めています。
雨量、水位、風向、風速など、点在する各種テレメトリーデータは、すべてオープンスタンダードであるOGC SOS(Sensor Observation Service)仕様を介して得られるよう統一しています。これにより、他機関との相互利用など、Webを介して誰もがこの情報を利用できる社会を実現しようとしています。

トップへ戻る